Nuovo Vento外内断熱遮音工法
Nuovo Vento

外内断熱遮音工法~建築スタイルに新し風を~

夏の暑さ、冬の寒さなど、熱の影響を和らげ、建物を保護する「断熱材」
さらに断熱材を保護して安心感を与える「外壁タイル」、その機能が創る”真のデザイン”。
より良い生活空間を実現したジェミニの「新たなプランニング」です。

「外内断熱遮音工法」への想い

施工という現場から、設計を見つめ直して生み出した、ジェミニの建築スタイル。
必要最低限の素材の中で、いかに住む人に寄り添い、良いデザインを創り出すか。
その答えが「外内断熱遮音工法」であり、ジェミニの核とも言える「機能がデザインを創る」
そして「生活空間をデザインする」というコンセプトの中で生み出した考えなのです。
point1

快適な住環境を実現しました。

弊社の建築物には全て【I.Cフォーム】という発泡スチロール製の断熱型枠材が使用されています。この発泡スチロール製の断熱型枠材を使用する事で、「断熱」「遮音」という居住者にとって重要な居住快適性に優れた建物を可能にします。

外内断熱工法と他の工法の違い

外内断熱遮音工法の場合

発泡断熱材のダブル保護によって、外側はコンクリート壁が外気温の影響を受けず、結露が発生しにくい。さらに、内側の断熱材が室温を保ってくれるので、温度が安定し消費電力の節電にもつながります。夏は涼しく、冬は暖かく、一年を通して快適に過ごすことができます。夏は涼しく、冬は暖かく、一年を通じて快適に過ごすことができます。

在来工法の場合

室内の水蒸気が外気温に影響を受けて冷たくなったコンクリート壁の方へ移動し、冷たいコンクリートに触れて冷やされた水蒸気が水となり結露が発生。蓄熱性の高いコンクリート壁が外気温の影響を直接受け、室内に伝わりやすく室温変化が激しいため、夏は暑く、冬は寒くなってしまいます。

point2

居住快適性を高めるだけではなく、
大幅な建築コストダウンを実現しました。

①軽量で専門技術が不要な為、作業効率が高い
労務コスト削減持続可能な施工方法
②断熱材が型枠を兼ねている為、従来の施工法に比べ型枠解体と断熱施工の工程が不要
労務コスト削減
③①・②のとおり加工性・作業性が優れているため、
工期短縮が図られトータル建築コストの削減になる。

このトータル建築コスト削減によって、他のマンション・アパートよりも
グレードの高い建材や設備を入れる事ができるため
低価格でクオリティの高いマンションを可能にします。

point3

高い耐久性により購入後も安心です。

弊社の断熱工法はコンクリートと鉄筋部分を外側と内側からダブルで保護するので「断熱」「遮音」を可能にするだけではなく、耐久性が非常に高く劣化しにくいため建物の寿命が長くなります。更には発泡スチロール製の断熱型枠材と外壁タイルを結合させるカチオン材(コンクリート素地)がとても強固で、タイルの剥がれの心配が無い為、数十年後に想定されるメンテナンスも外壁の塗装部分の塗り直し程度なので、修繕コストを大幅に縮減できるため安定した資産運用が可能になります。

弊社の断熱工法はコンクリートと鉄筋部分を外側と内側からダブルで保護するので「断熱」「遮音」を可能にするだけではなく、耐久性が非常に高く劣化しにくいため建物の寿命が長くなります。更には発泡スチロール製の断熱型枠材と外壁タイルを結合させるカチオン材(コンクリート素地)がとても強固で、タイルの剥がれの心配が無い為、数十年後に想定されるメンテナンスも外壁の塗装部分の塗り直し程度なので、修繕コストを大幅に縮減できるため安定した資産運用が可能になります。

CONTACTお問い合わせ

建築や設計のご依頼・ご相談など、
お気軽にご連絡ください。

098-988-5228対応可能時間:9:00~18:00